2013-04-30

Animes in the 4th quarter of 2012


アニメは IT エンジニアの必須科目です。


女子向けとかいう以前に、まずヒロインに問題あり。自己主張が乏しく、始終相手に流されっ放しでフラストレーションが溜まる。更に相棒がそれに輪を掛けて役立たずで、見ていて爆発しそうになる。途中から開き直って、何処までつまらないか見届けるつもりになったら、楽になった。OP が良かったのがせめてもの救い。


この辺から原作をチラ見していた。なので気付いたが、アニメ版は結構と端折られているらしい。話は、前作までを見ているなら安定して見れる。ただ「熱さ」は若干薄れたように思う。正直、原作を読んだ方が面白いような気もする。あと、アニメで見返してみても、扉絵のネタは凝りすぎて全然ウマくない思うのは私だけだろうか。


本編(絶チル)とは逆のシリアス路線は、完全に失敗だったと思う。ギャグの無い本シリーズなんて、つまらないにも程がある。何よりも致命的なのは、本作の女子キャラが可愛くないこと。原作のパティが何故あんな風になるのか、責任者を小一時間ほど問い詰めたい。このシリーズは原作を読むのが一番という結論。


見始めたときは、まさか一年続くとは思わなかった。知ってたら見なかったと思う。前宣伝通り声優陣は豪華で、ギャグがイマイチな分を声優の力量で補ってもらった感が大きい。今回の演技では、神谷浩史、森川智之を見直した。当初は笹子さん目当てで見ていたのだが、作画のブレが大きく、何か途中からどうでも良くなった。


企画自体は数年前から進行中らしく、キャラ付けはできている模様。聞いたことの無い声優を使うのは構わないが、歌がヘタなのが問題。逆に歌が上手い声優は演技がダメという。話も、1 クールしかないんだからメンバー集めに四苦八苦する描写とか要らなかった。決して嫌いでは無いのだが、イマイチ感の残る作品だった。


京アニということで視聴。キャラがけい○ん!を彷彿とさせるのは置いておいて、見る分には退屈することは無かった。しかし、この作品を京アニが作った意図が分からない。今までの作品は何らかチャレンジ精神的なものを感じたのだが、今回はそれを感じ取れなかった。まあ、某鳥が Gu-Gu ガ○モっぽい件は挑戦と言えなくも無い。


魔王と勇者、在り来たりな題材をどう料理するのかと思ったら、魔法は使わず経済で世界に挑むという予想外の展開。普通なら勇者一行の人外の強さがバランスを崩すところだが、バトルは本質では無いので何とか保っている。ただ話が少し難解。もっとバカ向けに「おっぱい」を前面に持ってきて良かった、というか寧ろそれを希望。


オーソドックスなファンタジーかと思いきや、銀魂臭の漂うギャグ作品。OP のルビ振りは一度は見ておくべき。しかし、見るべきものはそれだけ。肝心のギャグは面白くないのに加え、作ってる連中は面白いと思っている感が伝わってきて、特に後半になる程に鬱陶しい。真面目路線で作ってハズすのよりは幾分マシか、という所。


絵は綺麗。OP を見れば、製作陣のこの作品に対する思いが伺える。しかし中身がそれに付いていっていない。四人目の登場で猛烈な挽回を見せるが、というか、もうこの娘がメインヒロインで良くね? という程にヒロインのキャラが弱い。いっそのこと、主人公を除くヒロイン全員が中二病、という設定の方が面白かったのでは。


前期からの視聴。そのまま楽しく歌っていれば良かったものを、苦悩や葛藤を織り込んだせいで、在り来たりな話になった。また、メインキャラとサブキャラがはっきり分かれてしまい、前期でいい味を出しつつあったサブキャラがこぞって潰れてしまった。色んな意味で前期からデグレードしたと思う。


鍵っ子が生まれる理由に興味があり視聴。筋肉バカは論外として、最初はベタなキャラばかりの印象を受けるが、2 クールかけて各キャラを掘り下げていくため、感情移入もあって気にならなくなる。しかし結局キャラ紹介に終始した感があり、どう終わらせるのかと思ったら、まさか続くとは思わなかった。OP・ED は良い。


一般に相棒が頼りになる奴の場合、その相方は引っ込み思案で内気キャラというのが相場だが、本作では中々に強かで度胸のあるキャラで好感が持てる。しかしそれも前半の話。後半はとても同じ作者が作ったとは思えないくらい、見ていられない話になる。これ本当に同一人物が作った? 前半で期待しただけ、残念な結果だった。


影のあるイケメンが沢山出てきて適度に絡む、という女子向け作品に良くあるパターン。男子にとって一番つまらないパターンとも言う。唯一、浜路の存在が救い。彼女にだけは萌えられる。ただ女子的に需要が無いのだろう、出番が少ないのが悲しい。次回はもっと浜路を頼む。最早それだけがこの作品を見るモチベーション。


原作は序盤でリタイア。アニメで魅力を発見できるかと思ったが、やはり叶わなかった。まず主人公に魅力が無い。アリババは正義感をかざすくせにウジウジで見ててイライラする。モルさんはもっと萌えるキャラにできたはず。やはりこの作者は王道ファンタジーではなく、すもも(前半)のようなノリが合っていると思う。


思ったよりも早い再開だったな、と思ったら、やっぱり早すぎた模様。それも「原作」ではなく「製作」の方が、というのが問題。映画と平行のせいか、製作が追いつかないなら素直に止めた方が良かったのでは。これでは映画の宣伝がやりたかっただけ、と思われても仕方がない。次回は万全の状態でお願いしたい。


最初、凝ってはいるが地味な作品だと思ったが、最後まで見て評価が変わった。世界観は一貫してブレが無く、ギャグも息抜きも無いシリアス一辺倒でありながら、見るのが苦にならず最後まで見ることができた。OP/ED も含め、隅々まで製作者の拘りを感じる。目を惹く華やかさは無いが、大人が楽しめる良作。


見る前からフラウ坊のイメージしかない作品だが、この作品の不幸は前作(シュタインズ)が偉大過ぎたこと。普通ならば十分に良作だと思うが、相対的に評価が下がってしまうのは仕方が無いところ。しかし OP/ED の作詞・作曲までをも手掛ける志倉千代丸のマルチタレント性は、悔しいが認めざるを得ない。


見た感じで期待はしていなかったが、大方は予想通りだった。各キャラの個性が微妙な上に、全体的に取って付けたような話で終始している。所詮はパチンコが出自の作品か。ただ例外として、第十一話だけは面白かった。ああいうノリで全編を通していたら、もっと評価は違ったと思う。


心が読めてしまう超能力者、まともに描けば重くなるのは必至。いきなり初話で重い話を突きつけられるが、二話目で救われる。以降も周りキャラの明るさに助けられるので、安心して見ていられる。やはりアニメはこうでないと。○○ロ○ネクトも少しは見習って欲しい。ただ、森谷さんは途中でキャラが変わり過ぎだと思う。


パステル調の絵に惹かれて視聴。何というか、青緑色が目に心地よい。この作品は部長が可愛いと思えるかが全てだと思う。私は三話目くらいから可愛く見えてきたので問題なし。今回は内田真礼の頑張りを評価。あと途中参加のタマの必要性が疑問だったが、意外に SD キャラが一番可愛いのがタマで、これも問題なかった。