2017-11-30

Bitnami Redmine with Virtual Machine

検証用 Redmine を立てる必要に迫られたので、その覚え書き。

ざっと調べた感じ、Bitnami + VM が楽そうに思われ。基本的には、下記ドキュメントに従う。

OVA Format をダウンロードし、VirutualBox にインポート。その際、MAC アドレスは再生成する。

VM を起動、SSH を有効化。

$ sudo mv /etc/ssh/sshd_not_to_be_run /etc/ssh/sshd_to_be_run
$ sudo systemctl enable ssh
$ sudo systemctl start ssh

ネットワークの初期設定は DHCP。Windows PC からコンピューター名でアクセスできるように Samba (nmbd)と、何故か入ってない logrotate をインストール。(なのに screen は入っていて、Bitnami の中の人は screen 使い説)

$ sudo apt-get --no-install-recommends install samba logrotate
$ sudo ufw allow CIFS

/etc/samba/smb.conf を編集し、共有設定(「Share Definitions」コメント行以降)を全て削除。

ホスト名を初期設定から変更し、VM を再起動。ただし /etc/hosts の方は、起動時に Bitnami が面倒を見てくれるらしく、変更は必須ではない模様。(詳しくは /opt/bitnami/scripts/init/hostname を参照)

$ sudo vi /etc/hostname
$ sudo vi /etc/hosts
$ sudo reboot

さらに初期設定では、勝手に情報を送信される。

だが断る。

$ diff -u /etc/crontab.orig /etc/crontab
--- /etc/crontab.orig	2017-11-30 15:40:17.561456286 +0000
+++ /etc/crontab	2017-11-30 18:54:22.589670547 +0000
@@ -13,4 +13,3 @@
 47 6	* * 7	root	test -x /usr/sbin/anacron || ( cd / && run-parts --report /etc/cron.weekly )
 52 6	1 * *	root    test -x /usr/sbin/anacron || ( cd / && run-parts --report /etc/cron.monthly )
 #
-40 * * * * bitnami cd /opt/bitnami/stats && ./agent.bin --run -D

しかしこれは初回起動時にも実行されるらしく、インターネット環境で初回起動したのなら、既にやつらに情報は筒抜け。ええ、私もまんまと抜かれましたとも。ksg

VM 設定は以上。確かに、かなり手軽に Redmine を立てられた印象。ただし実際には、ドキュメントを読み解いたり、内部の構成を把握したりで、それなりの時間は掛かっている。

一つ盲点だったのは、Redmine の初期データは(当然ながら)英語だということ。設定で UI は日本語になるが、Redmine に入力済みのデータ(ロール名、トラッカー名、ステータス名など)が英語なので、それらを日本語にする手間があった。

あとは個人的な我が侭。せっかくここまで作り込んでいるのなら、バックアップやリストア、アップデートに関しても、何らかのスクリプトが欲しかった。各方法は前述のドキュメントに記載されているとはいえ、本稼働させるならスクリプトを書かざるを得ない訳だし。バックアップは言わずもがな、月一でアップデートされる現状、手作業のアップデートは苦痛でしかない。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。