2018-07-31

Animes in the 2nd quarter of 2018

アニメは IT エンジニアの必須科目です。

前評判から、弥が上にもグレンラガンっぽいものを期待するが、中は全くの別物。話も妙に生臭くて、むしろエヴァに近いものを感じる。そのせいもあってか、私は最後まで好きになれなかった。

不勉強ながらシリーズ初視聴。正直、新規で見るにはこれといって、という印象。絵は綺麗になり、ファンにとっては良作だったのでは。個人的に TOMOYO Linux の元ネタキャラに注目していたが、不発だった。

刀使の設定はユニークだが、話の方はテンプレで先が読める。しかし各キャラは良くできており、2 クール効果もあって後半は愛着補正が掛かる。結果、次回があれば見たいと思うくらいには楽しめた。

これまた不勉強でシリーズ初視聴。正直、今となっては色々と古臭く感じてしまう部分が多い。勉強のために次回以降も見るつもりではいるが、元からのファンでなければ今さら無理に見なくても良い気がする。

結果から言うと、タイトルに偽りあり。最後もハッピー過ぎて、個人的には何だかなーと思った。ただ、この作品の魅力はニャンコビッグとその中の人だと思っているので、その辺のことは些末に過ぎない。

本家とは作者が異なると聞いて若干期待したが、結果、本家に劣らず安っぽい内容だった。何もそんな所まで真似しなくてもいいのに。まあ、本家のような俺ツエーではなかったところだけはマシだった。

やはり不勉強で(略)。流石に今の技術をもってしても、キャラデザや話のノリなど、色々と古臭く感じる。前述の銀英伝でも感じたが、昔の作品はもう単純にアニメ化するだけでは通用しないような気がする。

今季の一番。単純にヒナがボケ担当だと思っていたら、実は全員がボケとツッコミの両方できるという優秀さ。次回に続くのか良く分からん終わり方だったが、是非とも次回を作って欲しい。

あまり面白いとは思わなかったはずが、何故か最後まで見てしまった。ヒロインが見た目より意外と可愛かったせいかもしれない。しかし終わり方から察するに、1 クールでは短すぎたのでは。

2018-04-30

Animes in the 1st quarter of 2018

アニメは IT エンジニアの必須科目です。

OP がとても印象的。それに引っ張られて 1 クール目は楽しめた。2 クール目は、誰かさんが「かまってちゃん」になってから一気につまらなくなった。少なくとも、OP を変えたのは失敗だったと思う。

原作者とヒロインのエロさにつられて見たものの、実はチョロインだったヒロイン。加えて主人公といい、話の内容といい、全てが薄っぺらい。2 クール目に期待するも、改善の気配が全く見られずリタイア決定。

普段ラーメンを食さない私にとって、ラーメンのうんちくを語ってくれる本作は貴重。ヒロインも良かったし、本作からはラーメン愛が感じられた。私にとっては、熊本ラーメンが黒い理由(マー油)が分かっただけでも見た価値があった。

各キャラの個性付けはしっかりされているものの、私が萌えられるキャラは居なかった模様。特に栄子のキャラ付けには違和感しかなかった。高校浪人の設定も、あまり活かせてないように思う。

初話を見て期待したものの、それから盛り下がる一方。そして 2 週休んだ後の 9 話(作画崩壊)を見て、大体を察した。後で知ったことだが、これが原作者の遺作というのはいたたまれない。

冬キャンプという題材は地味なれど、本作はキャラクターの勝利。特に、花守みゆりはこういうキャラにこそ合っている。だがリアルで寒いこの時期、早朝インナー 1 枚で外出する描写だけは勘弁。見てるこっちが寒さで震えるわ。

前期とはすっかり舞台が変わり、もはや別作品のよう。ただ前期よりは面白かったので、間違った方向転換ではなかったのかもしれない。しかし話を膨らませすぎな気もする。果たして収拾できるのか。

話の内容は平凡だと思う。しかしこれもキャラクターの勝利。もっと言うと、主に後半 2 人の存在が大きい。何気に各所の風景描写も素晴らしかった。でも最後、北極に居たというオチには納得がいかない。

OP を見て「咲」みたいなのを期待したら、ただ主人公が JS に囲まれるハーレム作品だった。この作風で真面目に将棋をしても薄っぺらいだけなので、主人公の棋士としての葛藤とか正直要らなかったです。

女児 3 人の行いを見てニヤニヤする作品(なのか?)。残念ながら、私には萌えられるキャラがいなかった。もし近くに住んでいれば、実際に上野周辺を探索するという楽しみ方もあった。

2018-02-01

Animes in the 4th quarter of 2017

アニメは IT エンジニアの必須科目です。

本編を進めると面白くないのは前期で判明済みなので、一話完結の短編が多いのは良い。しかし何の説明もなく進むので、前期を見てないと置いてきぼりは必至。私ですら置いてきぼりだったし。

とにかく、ヒロインに萌えられない。天然ド S 設定のはずが愛想振り撒いていて、思い出した頃に S になるので、違和感しかない。他キャラもその穴を埋められず、最後までパッとせずに終了。

Crowds 以降、タツノコプロのこのようなチャレンジは評価している。しかし今回は話がついてこなかった。ただ、口パクのシンクロ率の高さは CG アニメの進歩を感じた。

今まで見たこともない世界観。大方思いつくネタが使い尽くされていく中で、まだこのような作品が生まれることに感動すら覚える。黒沢ともよの演技にも賞賛を送りたい。次回が待ち遠しい。

キャラ絵は個人的には好み。しかし話がよく分からない。主人公の声も最後までしっくりこなかったし。次回に続くと思われるが、これ以上面白くなりそうな気がしない。

見た目で前期をスルーしたことを後悔。干物妹めっちゃ可愛いじゃん。もう私の中では、田中あいみイコールうまるちゃんですわ。いつか前期も見るつもり。

初見で予想したより、ずっと良かった。ただ話としては普通で、基本的にはキャラを楽しむもの。しかしこの作品の価値は、レーシングニーラーというマイナー分野を知らしめたことにある。

速攻で切ろうとしたら、原作が西尾維新であることを知ってそのまま視聴。結果、私が思う西尾維新らしさが殆ど感じられなかった。もっとも、私の基準は物語シリーズと刀語だけだけど。

最初の方は面白かった。しかし、タイトルと違ってリア充になっていくにつれ、それと反比例して面白くなくなった。個人的には、「びっくり萌えましたー」のところがピーク。

学生たちが主役の割には、随分しっとりした作品。すごく面白いというのは無いが、引き込まれるように見てしまった。但し、最終回には納得がいかない。あと、受験生が見ると辛くなるかも。

前回よりも各キャラの個性が強調され、前回以上に予定調和の展開。結果、全体としてワザとらしさが増した。まあ廃校だけは意外だったけど。総じて、前回の方が面白かったんじゃね?

前期があんなことになったので、仕方なく視聴。結果、1 クールでリタイア。取りあえず各キャラの性格と中の人を覚えたので目的は果たした。こんなの面白がる人の気が知れないと思ってググったら、2 期はオワコンとか出てきて困惑。まあ私には 1 期の 1 話目からオワコンだったけど。