2018-04-30

Animes in the 1st quarter of 2018

アニメは IT エンジニアの必須科目です。

OP がとても印象的。それに引っ張られて 1 クール目は楽しめた。2 クール目は、誰かさんが「かまってちゃん」になってから一気につまらなくなった。少なくとも、OP を変えたのは失敗だったと思う。

原作者とヒロインのエロさにつられて見たものの、実はチョロインだったヒロイン。加えて主人公といい、話の内容といい、全てが薄っぺらい。2 クール目に期待するも、改善の気配が全く見られずリタイア決定。

普段ラーメンを食さない私にとって、ラーメンのうんちくを語ってくれる本作は貴重。ヒロインも良かったし、本作からはラーメン愛が感じられた。私にとっては、熊本ラーメンが黒い理由(マー油)が分かっただけでも見た価値があった。

各キャラの個性付けはしっかりされているものの、私が萌えられるキャラは居なかった模様。特に栄子のキャラ付けには違和感しかなかった。高校浪人の設定も、あまり活かせてないように思う。

初話を見て期待したものの、それから盛り下がる一方。そして 2 週休んだ後の 9 話(作画崩壊)を見て、大体を察した。後で知ったことだが、これが原作者の遺作というのはいたたまれない。

冬キャンプという題材は地味なれど、本作はキャラクターの勝利。特に、花守みゆりはこういうキャラにこそ合っている。だがリアルで寒いこの時期、早朝インナー 1 枚で外出する描写だけは勘弁。見てるこっちが寒さで震えるわ。

前期とはすっかり舞台が変わり、もはや別作品のよう。ただ前期よりは面白かったので、間違った方向転換ではなかったのかもしれない。しかし話を膨らませすぎな気もする。果たして収拾できるのか。

話の内容は平凡だと思う。しかしこれもキャラクターの勝利。もっと言うと、主に後半 2 人の存在が大きい。何気に各所の風景描写も素晴らしかった。でも最後、北極に居たというオチには納得がいかない。

OP を見て「咲」みたいなのを期待したら、ただ主人公が JS に囲まれるハーレム作品だった。この作風で真面目に将棋をしても薄っぺらいだけなので、主人公の棋士としての葛藤とか正直要らなかったです。

女児 3 人の行いを見てニヤニヤする作品(なのか?)。残念ながら、私には萌えられるキャラがいなかった。もし近くに住んでいれば、実際に上野周辺を探索するという楽しみ方もあった。