2019-11-16

Allied Telesis CentreCom: FIRE FIRE INATC

あるとき、VPN が急に不安定になった。VPN ルーターを再起動すると回復するが、1 時間ほどで再び不安定になる。VPN ルーターは Allied Telesis CentreCOM AR450S、ここ暫く設定は変更していない。気付いたこととしては、不安定になると下記のようなログが頻繁に出始めるような気がする。

28 08:26:30 3 FIRE FIRE  INATC ICMP 192.168.0.12 10.1.0.14 T=8 C=0
28 08:26:30 3 FIRE FIRE  INATC UDP 12.34.56.78:2923 23.45.67.89:53
28 08:26:30 3 FIRE FIRE  INATC TCP 192.168.0.12:45216 10.2.0.252:10050

この「FIRE FIRE INATC」でググっても役に立つ情報がヒットしないので、Allied Telesis サポートに問い合わせた。下記がその回答。

ご提示頂きました「INATC」というログですが、次のような時に記録 されます。

・ファイアウォール機能で、許可したTCP通信をログに出力するよう 設定をしており、該当する通信が行われた場合

・ファイアウォール機能で処理できるセッション数を超えて通信が 行われた場合

お送り頂いた設定情報ではこのようなログ出力の設定はされており ませんでしたので、後者の状況と考えられます。

一時的に多くの通信が行われた結果と考えられますので、まずは、 ネットワークを利用する各機器で予期せず大量の通信が行われて いないか、という観点でご確認を頂ければと存じます。

また必要な通信のみでログが発生している場合は、セッション過多 と思われますので、"SET FIREWALL POLICY"コマンドで、 ファイア ウォール機能のセッション保持時間を短くする等をお試し頂ければと 存じます。(セッションを早めに解放することで、当該事象の軽減が 見込めます)

結果、これがビンゴ。実は VPN 越しにサーバー監視を行っており、つい最近、監視対象を増やしたのだった。それによりファイアウォールセッションが溢れたらしい。再起動後 1 時間すると不安定になるのも、タイムアウト初期値が 60 分ということで辻褄が合う。

そうすると次なる疑問。現在の使用セッション数はどうやって調べるのか? そしてタイムアウト値を短くする弊害はあるのか?

現在保持しているファイアウォールセッション数の確認でございますが、 "SHOW FIREWALL POLICY" コマンドで表示される中に、 "Number of Active Sessions" という項目がございます。 こちらが、現在保持しているセッション数となります。

タイムアウトを短くする際の懸念点ですが、ご利用になれれるアプ リケーションのタイムアウト時間よりも、本製品のファイアウォール セッション保持時間を短く設定していると、アプリケーションでエラー が発生するようなことがあるかもしれません。(アプリケーションの 操作をしばらく中断した後に再開する場合など)

セッション保持時間を短くすることで、ルーターに負荷がかかるよう なことはございませんので、この点での懸念は特にございません。

前者については、あとは最大セッション数が分かりさえすれば良い。カタログスペックでは 3000 ということは確認済み。しかし、コマンド "SHOW FEATURE LICENSE" の出力には「Firewall tier sessions licence up to 8000」とある。実動作的にも、8000 で動いているように見える。

後者は恐らく、keepalive パケットを投げないアイドル接続は切られてしまう、ということだと思われる。まさか通信中の接続まで切られるとは思えない。これも念のため確認しておく。

本製品のファイアウォールのセッション数につきまして、ご確認 頂きましたとおり、ソフトウェア的な上限は、8000までとなります。 ただし、安定的に運用するには、3000程度でご利用頂くことを推奨 しております。

また、セッション保持につきましてもご推察の通りです。継続して 通信がされていればセッション保持時間も延長されますので、通信 中に強制的にセッションをクリアする動作ではございません。

すべて想像通り、これにて一件落着。件のルーターは、TCP タイムアウトを 10 分に変更、これで当分の間は大丈夫のはず。

毎度のことながら、Allied Telesis のサポートは丁寧で素晴らしいと感じる。もちろん単に運が良いだけの可能性もあるが、YAMAHA サポートはテンプレだったり時間が掛かった末に役に立たない回答ばかりの経験しかないので、根本的な質の違いを感じる。Cisco は使ってないので知らない。

なお、本件については、第三者に公開しても問題ないとの見解をサポートから得ている。

今回ご案内させて頂いた内容は、マニュアル類に記載されていない 事項もあり恐縮ですが、特に社外秘事項ではございませんので、必 要な方には適宜お伝え頂いて結構でございます。

ところで話は変わって AWS の場合、基本的にサポートを通して得られた情報は公開 NG らしい。前に質問をしたとき、はっきりそういう回答を貰ったことがある。天下の AWS がそういう方針というのは残念だ。

2019-10-31

Animes in the 3rd quarter of 2019

アニメは IT エンジニアの必須科目です。

作品には興味はなかったが、ufotable ということで視聴。Fate とは異なる絵調でありながら、オリジナリティを感じる絵は流石。一方、私が萌えられるキャラが居なかったので、次回は見ないと思う。

第 2 クールで中世ファンタジーになった時点で切ろうかと思った。我慢して見たものの、その甲斐はなかった模様。せっかくヒロインたちに感情移入しかけた所で、あの展開はひどい。

野球漫画を描かせれば世界一とは思っているが、最後はどうにも納得がいかない。続きがあるのか、ないのか。もし後者であってあのシーンなら、アニメとしては駄作が決定するのだが。

前期は結構面白かった覚えがあるが、すっかり普通の作品になってしまった。厄介事に巻き込まれてばかりで、冒険感が全くない。早くも次期を匂わせているが、同じ展開になる予感しかない。

変態の程度が心配だったが、思ったよりマイルドな変態たちで安心。とはいえラストヒロインは最初からバレバレなのに引っ張り過ぎでは。そのくせ変態度も薄いし。個人的には南条ルート一択。

絵、音楽ともに Fate/Zero テイストで良い。しかし話は高二病か大二病が書いたらしく、書いてる本人だけが気持ちいいパターン。もしこれを奈須きのこが書いたらどうなっていたか興味がある。

題材やキャラはユニークだと思う。ところが途中から不穏な気配になり、最終回で全てが台無しになった。彼女たちが取った行動も、それでハッピーエンドになる理由も、全く理解できない。

キャラにも話にも魅力を感じず、ほまれパパのサバイバル術を勉強するためだけに見ていたと言っていい。で、動物の糞を大腸に入れて水分補給するサバイバル術が本当なのか気になって仕方ない。

一見合わなそうな、先輩と本渡楓のシナジーがヤバい。癖になりそう。そしてもう 1 人はキタエリだし、私が見る理由はそれで十分。ただしコメディとしては正直イマイチと言わざるを得ない。

やはり石原夏織の声はいい。演技は相変わらずだが今回のキャラには合っている。次女もいいキャラだし、個人的には気に入っているが一般受けはしなさそう。「続け!!」とあったが続かないだろうなあ。

早々に切ろうとしたら人気に火が点いて切れなくなった。まあ OP/ED は認める。しかしダイエットに運動は非効率だし、カロリー計算など無意味。痩せたいなら炭水化物を控える以外に楽な方法はないよ。

今期の一番。各キャラ個性があり過ぎて面白いにも程がある。個人的にはロボの言動が気になって仕方がない。現実に居たら、気になって気になって頭が恋になる自信がある。

初見の印象からは、全くの期待外れに終わった。正直 OP 詐欺と言っていい。ヒロインを可愛いと思えなかったのも致命的。自分でも最後まで切らなかったことが不思議。

とても丁寧に作られているのは伝わってくる。しかし桃が大人しいせいか、コメディとしても盛り上がらない。それにしても小原好美の演技力よ。そして今回は高柳知葉を覚えた。彼女の声は色っぽくていい。

今期の大穴。初見で全く期待していなかったが、見る度に引き込まれていった。笑い、シリアスの両方が高レベルで纏まっており、そして子供にも安心して見せられる。こんな作品は滅多にない。

タイトルのインパクトに比べて、明らかに中身が負けている。お母さんが好きになれるかどうかでも評価が分かれそう。ちなみに私はワイズがツボったので全く問題なかった。

2019-09-05

Animes in the 2nd quarter of 2019

アニメは IT エンジニアの必須科目です。

本来であれば成り上がっていく様はスカッとするところ、全体的に気分が悪くなる描写が多いため、タイトルほど見ていて気持ちの良い作品ではない。あと、なぜラフタリアを大人にしてしまったのか小一時間ほど問い詰めたい。

シリーズ視聴。私の中では前回は中だるみ期だったが、今回で盛り返した感じ。やはりこの作品の醍醐味は、予定調和を無視した残酷な展開だと思う。私はホラーを好まないが、ホラーの面白さと通ずるのかもしれない。

話が繋がらないなと思ったら、どうやら前作(終物語)の下巻相当を見逃した模様。内容については今さら語ることもないが、前作くらいから、もうファンにしか訴求しない作品になったと感じる。

期待していなかった分、予想より楽しめた。あと、ED キャラの可愛いさに釣られた。原作をチラ見すると知らない顔ばかりだったが、本作でキャラ数が増えるのはどうなのだろう。次回に不安が残る。

まずヒロインの声の素人っぽさが目立つが、慣れるとこれがハマってくる不思議。アニメ風の CG モデリングはかなり出来が良く、チラ見した原作よりずっと良いと感じる。でも話の内容は普通。

この企画を考えたこと自体よりも、よく実現できたなと思う。KADOKAWA の攻めの姿勢を感じる。今作を機に、今後この手法が増える可能性を感じた。各作家との調整が凄く大変そうだけど。

原作はスルーしていたが、アニメならと視聴。結果、やっぱりスルーで良かったかも。川柳といってもただ 575 なだけだし、主役 2 人に面白みがない。その中で唯一、部長だけが光を放っていた。

初見 OP で作画に吹いた。ひょっとすると意図的な作画の可能性もあるが、それでも Production I.G が製作協力しといてこの作画は無いわー。内容は面白かったので、本当に作画で損をしている。

絵調、設定ともに独特な雰囲気を持っており、それだけでも評価したい。でも結局、それだけで終わった感がある。次期があるはずなので、そこでの巻き返しに期待。

シリーズ視聴。私にとって本シリーズの評価は鏡花たんがどれだけ出てくるかと同値。結果、あれだけ OP・ED に露出させ期待させといて、詐欺もいいところだった。

ヤンマガで見た破廉恥マンガがアニメ化でどうなるんだろうと思ったら、やっぱりこうなるんだな。やたら隠しや消音の演出が入りまくるので、見ていてただウザったい。

2 人目まで面白くも何ともなかったが、3 人目で一気に流れが変わった。やっぱりキャラ付けは大事。正直、最初の 2 人には魅力を感じないのだが、それ以外でマイナス分を大きく上回った。

2019-05-31

Animes in the 1st quarter of 2019

アニメは IT エンジニアの必須科目です。

初話を見て、あれ?今回は結構面白そうじゃん?と思ったら、2 話目からはいつもの SOA だった。特に今回はユージオとの友情()がひたすらキモいのだが、あれはあれで女子にはウケそうなのが何とも。OP の剣舞はもはや笑わせようとしているとしか思えない。

原作を読んでいるが過去話を思い出すために視聴。結果、声もそれほど違和感なかったし、藤原については原作を上回ったのでは。それでもまあ、原作を読んでいれば無理して見る必要はないかな。

前作があんなことになったので、見ない訳にもいかないのが辛い。前作ファンからの評価は散々だったようだが、私にはどっちもどっち、大差なかったのだが。ツチノコが出なかったことは不満。

特に面白かった訳でもないが、最後まで見てしまった。内容は、見ていて強い既視感。これはアレだ、前クールのウザメイドだ。キャラ構成というか役所?がまんま一緒。この手のテンプレなどがあるのだろうか。

見るからにファンディスク的な作品、実際それ以上でも以下でもなかった。原作ファンはまあ楽しめると思う。ただ、これをこのタイミングで作った意図が分からない。次期までの時間稼ぎということだろうか。

まさか本作がアニメ化されるとは。結果として、大成功だったのではないだろうか。最も重要である部長もハマってたし。そしてツインテールの表現力の高さよ。この調子でカレットさんもたのむ。

戦闘機の運動能力のボトルネックは人間側にある、というのを知ったばかりだったので、戦闘機の挙動は興味深く見させてもらった。個人的には結構気に入っているのだが、雰囲気的に次期は無さそうかな。

一応シリーズ視聴だが、遥か忘却の彼方。見ているうちに段々と思い出してきた。シリアスになるほどつまらなくなるのは相変わらずのようだ。ずっとデートだけやってればいいのに。

ブギーと悠木碧が非常にハマっていて、それだけでも見る価値があった。難点は、時間軸が理解し難いこと。少なくとも私は 1 回では理解できない自信がある。炎上の話は後で知ったが、原作も前アニメも知らない私には関係なかった。

これも何となく最後まで見てしまった。中盤で各キャラの個性が出始めたくらいから、見るのが楽になった。後半は、青娘の「どや~っ」を見るために見ていた気がする。

2019-02-05

Animes in the 4th quarter of 2018

アニメは IT エンジニアの必須科目です。

1 期からの視聴。他の中国産アニメとは一線を画す、安定のクオリティ。原作が中国でも日本製だとこうなるという良い例。欲を言えば、もっと尺を伸ばして 15 分で見たい。

日本の漫画・アニメ文化の偉大さと、働くことの大変さが良く分かる良作。これを見て俺ももっとやおい文化を勉強しなければ!と思い直して「だかいち」を見たけど、2 話でリタイアしたよ。

ヒロインの中の人が黒沢ともよだったので視聴。しかし今回はキャラと合っていないと思った。話もよく分からず中途半端に終わったし。結局、キョウちゃんはどうなったのか。

CG、アドリブパートなど、偶然にも「でびどる!」との類似点が多い。アドリブパートは面白いけれど、声優のこのような使い方は好きではない。声優は芸人ではないし、こういうのは作り手の怠慢だと思う。

内容から判断するに、どちらかというと女子向けか。しかし「Free!」とは違って、男子でも普通に見られる。でも最後まで見て思ったのは、これ結局、初めの数話と最終話だけ見れば良くね?

ある意味、今期最も有名になった作品。原作者には気の毒だが、これ以上ない宣伝にはなったから・・・。そんな不憫な作品だが、それでもヒロインは可愛かった。中の人も覚えた。だからこそ作画が悔やまれてならない。

CG アニメの出来は安っぽいが、それを許容できれば楽しめる。どうして井口裕香のツッコミキャラはこんなにもハマるのか。しかしやはりアドリブパートは認められない。声優の芸人扱いが酷過ぎる。

主人公の言動が鼻につくものの、ヒロインの魅力がそれを上回った。なかなか見ないタイプのヒロインで、私にとっては新鮮だった。そのせいもあり、他のサブヒロイン達には物足りなさを感じる。

最近では珍しく、かなりストイックな主人公。若干の中二病感は否めないが、SOA よりはよっぽどいい。ただ作品の雰囲気と絵調が合っていないような気がする。もっと硬派な絵が良かったのでは。

何となく最後まで見てしまった。なんだかんだヒロインとメイドの掛け合いが楽しかったのかも知れない。それ以外のキャラは殆どが空回っていて、見ていて寒かったのだが。

OP/ED を見てダブルヒロイン構成かと思ったら、裏ヒロインがかなり頭悪くて残念な感じ。個人的には表ヒロインの仲良し 3 人組がお気に入り。結局、前評判ほどには楽しめなかった。

この手の作品は、面白さよりも腐女子に受けるかどうかで決まるのはタイバニで学習済み。そうするとダグxキリやキリxダグがウケるかどうかだが、イケるのか?これ。あ、そのためのミラ♂なのか。ともかく男の私には判定不能なので、彼女たちの判定が待たれる。

2018-11-03

Animes in the 3rd quarter of 2018

アニメは IT エンジニアの必須科目です。

まさか 2 クールやって更に続くとは思わなかった。その心意気には好感が持てるが、私にはどうしても主人公が好きになれない。ただ、「真 is my waifu!」と言う人の気持ちは理解できたと思う。

期待値が大きかったこともあるが、予想通り初代は超えられなかった。登場人物が増えて感情移入度が大きく減ったことが理由だと思う。あと、これを見る前に初代を見直すべきだった(忘却)。

異世界食堂のスピンオフかと思ったら、はい、本当にすみませんでした。確かに作者は泣いていい。アニメより原作の方がずっと絵が綺麗に見えたので、機会があったら原作も読んでみたい。

シリーズ視聴。どんどん対巨人から対人間になっていく。初期の頃の人間 vs 得体の知れない巨人という構図からはすっかり遠ざかり、もう 2 度と戻りそうにない。まあ面白いならいいんだけど。

最初は絵に引っ張られて視聴した感じ。オーバーロードもそうだが、こういうノリのご都合オレツエーなら、私は受け入れられるようだ。逆にシリアス系、SAO などは本当にダメ。

今期の一番。何より木野日菜の演技に脱帽。彼女が普段演じる役からは想像もできず、これだけでも見た甲斐があった。他 2 名の中の人も覚えた。で、ネタじゃなくて第 2 期は来るよね?

シリーズ視聴、のはずだが見るとほぼ忘れていた。そして富士山リベンジかと思ったら、面白くもない 2 人のケンカを見せられる。今回の収穫は「ほどけない蝶々結び」を覚えたことくらいか。

シリーズ視聴。初めの数話は尺合わせなのか、存在意味が不明。中盤からは本線に復帰し、何だかんだで楽しめた。見た目いい人系主人公のくせに、人を殺すことに抵抗がないところが新鮮。

バド作品は初めてだったので期待していたが、ヒロインがずっと病んでたせいで楽めず。技術的な知見も大して得られなかったし。あと、ケガをさせて盛り上げる伝統的な演出はもう止めよう。

これもビーチバレーという題材は珍しいが、それ以外は特に見るべきものはなかった。絵も好みじゃなかったし。あのタイミングで現れてそのままあぶれるシークワーサーちゃんも不憫。

「あそびあそばせ」がなかったら今期一の候補だった。キャラとしてはメインの 2 人よりも 3 人目(痴女)の方が好みなので、次回があれば彼女の出番をもっと増やしてほしい。

肝心の管理人さんに萌えられず。加えて主人公との絡みがつまらなさ過ぎる。会長と副会長の絡みが良かったのが救い。これがなければ途中リタイアしていたと思う。

最初の方はミステリアスな感じがして視聴してみたが、錯覚だった模様。話はうまく纏まっているようにも見えたが、とにかく好きになれるキャラが居ない。正直後半は見るのが苦痛だった。

2018-07-31

Animes in the 2nd quarter of 2018

アニメは IT エンジニアの必須科目です。

前評判から、弥が上にもグレンラガンっぽいものを期待するが、中は全くの別物。話も妙に生臭くて、むしろエヴァに近いものを感じる。そのせいもあってか、私は最後まで好きになれなかった。

元ゲームに興味があったので、PERSONA5 と合わせて視聴。しかしアニメに掛ける力(金)は PERSONA に遠く及ばなかった模様。話も興味を惹かれるものはなく、お陰でゲームへの未練はなくなった。

不勉強ながらシリーズ初視聴。正直、新規で見るにはこれといって、という印象。絵は綺麗になり、ファンにとっては良作だったのでは。個人的に TOMOYO Linux の元ネタキャラに注目していたが、不発だった。

刀使の設定はユニークだが、話の方はテンプレで先が読める。しかし各キャラは良くできており、2 クール効果もあって後半は愛着補正が掛かる。結果、次回があれば見たいと思うくらいには楽しめた。

これまた不勉強でシリーズ初視聴。正直、今となっては色々と古臭く感じてしまう部分が多い。勉強のために次回以降も見るつもりではいるが、元からのファンでなければ今さら無理に見なくても良い気がする。

結果から言うと、タイトルに偽りあり。最後もハッピー過ぎて、個人的には何だかなーと思った。ただ、この作品の魅力はニャンコビッグとその中の人だと思っているので、その辺のことは些末に過ぎない。

本家とは作者が異なると聞いて若干期待したが、結果、本家に劣らず安っぽい内容だった。何もそんな所まで真似しなくてもいいのに。まあ、本家のような俺ツエーではなかったところだけはマシだった。

やはり不勉強で(略)。流石に今の技術をもってしても、キャラデザや話のノリなど、色々と古臭く感じる。前述の銀英伝でも感じたが、昔の作品はもう単純にアニメ化するだけでは通用しないような気がする。

今季の一番。単純にヒナがボケ担当だと思っていたら、実は全員がボケとツッコミの両方できるという優秀さ。次回に続くのか良く分からん終わり方だったが、是非とも次回を作って欲しい。

あまり面白いとは思わなかったはずが、何故か最後まで見てしまった。ヒロインが見た目より意外と可愛かったせいかもしれない。しかし終わり方から察するに、1 クールでは短すぎたのでは。