2018-04-30

Animes in the 1st quarter of 2018

アニメは IT エンジニアの必須科目です。

OP がとても印象的。それに引っ張られて 1 クール目は楽しめた。2 クール目は、誰かさんが「かまってちゃん」になってから一気につまらなくなった。少なくとも、OP を変えたのは失敗だったと思う。

原作者とヒロインのエロさにつられて見たものの、実はチョロインだったヒロイン。加えて主人公といい、話の内容といい、全てが薄っぺらい。2 クール目に期待するも、改善の気配が全く見られずリタイア決定。

普段ラーメンを食さない私にとって、ラーメンのうんちくを語ってくれる本作は貴重。ヒロインも良かったし、本作からはラーメン愛が感じられた。私にとっては、熊本ラーメンが黒い理由(マー油)が分かっただけでも見た価値があった。

各キャラの個性付けはしっかりされているものの、私が萌えられるキャラは居なかった模様。特に栄子のキャラ付けには違和感しかなかった。高校浪人の設定も、あまり活かせてないように思う。

初話を見て期待したものの、それから盛り下がる一方。そして 2 週休んだ後の 9 話(作画崩壊)を見て、大体を察した。後で知ったことだが、これが原作者の遺作というのはいたたまれない。

冬キャンプという題材は地味なれど、本作はキャラクターの勝利。特に、花守みゆりはこういうキャラにこそ合っている。だがリアルで寒いこの時期、早朝インナー 1 枚で外出する描写だけは勘弁。見てるこっちが寒さで震えるわ。

前期とはすっかり舞台が変わり、もはや別作品のよう。ただ前期よりは面白かったので、間違った方向転換ではなかったのかもしれない。しかし話を膨らませすぎな気もする。果たして収拾できるのか。

話の内容は平凡だと思う。しかしこれもキャラクターの勝利。もっと言うと、主に後半 2 人の存在が大きい。何気に各所の風景描写も素晴らしかった。でも最後、北極に居たというオチには納得がいかない。

OP を見て「咲」みたいなのを期待したら、ただ主人公が JS に囲まれるハーレム作品だった。この作風で真面目に将棋をしても薄っぺらいだけなので、主人公の棋士としての葛藤とか正直要らなかったです。

女児 3 人の行いを見てニヤニヤする作品(なのか?)。残念ながら、私には萌えられるキャラがいなかった。もし近くに住んでいれば、実際に上野周辺を探索するという楽しみ方もあった。

2018-02-01

Animes in the 4th quarter of 2017

アニメは IT エンジニアの必須科目です。

本編を進めると面白くないのは前期で判明済みなので、一話完結の短編が多いのは良い。しかし何の説明もなく進むので、前期を見てないと置いてきぼりは必至。私ですら置いてきぼりだったし。

とにかく、ヒロインに萌えられない。天然ド S 設定のはずが愛想振り撒いていて、思い出した頃に S になるので、違和感しかない。他キャラもその穴を埋められず、最後までパッとせずに終了。

Crowds 以降、タツノコプロのこのようなチャレンジは評価している。しかし今回は話がついてこなかった。ただ、口パクのシンクロ率の高さは CG アニメの進歩を感じた。

今まで見たこともない世界観。大方思いつくネタが使い尽くされていく中で、まだこのような作品が生まれることに感動すら覚える。黒沢ともよの演技にも賞賛を送りたい。次回が待ち遠しい。

キャラ絵は個人的には好み。しかし話がよく分からない。主人公の声も最後までしっくりこなかったし。次回に続くと思われるが、これ以上面白くなりそうな気がしない。

見た目で前期をスルーしたことを後悔。干物妹めっちゃ可愛いじゃん。もう私の中では、田中あいみイコールうまるちゃんですわ。いつか前期も見るつもり。

初見で予想したより、ずっと良かった。ただ話としては普通で、基本的にはキャラを楽しむもの。しかしこの作品の価値は、レーシングニーラーというマイナー分野を知らしめたことにある。

速攻で切ろうとしたら、原作が西尾維新であることを知ってそのまま視聴。結果、私が思う西尾維新らしさが殆ど感じられなかった。もっとも、私の基準は物語シリーズと刀語だけだけど。

最初の方は面白かった。しかし、タイトルと違ってリア充になっていくにつれ、それと反比例して面白くなくなった。個人的には、「びっくり萌えましたー」のところがピーク。

学生たちが主役の割には、随分しっとりした作品。すごく面白いというのは無いが、引き込まれるように見てしまった。但し、最終回には納得がいかない。あと、受験生が見ると辛くなるかも。

前回よりも各キャラの個性が強調され、前回以上に予定調和の展開。結果、全体としてワザとらしさが増した。まあ廃校だけは意外だったけど。総じて、前回の方が面白かったんじゃね?

前期があんなことになったので、仕方なく視聴。結果、1 クールでリタイア。取りあえず各キャラの性格と中の人を覚えたので目的は果たした。こんなの面白がる人の気が知れないと思ってググったら、2 期はオワコンとか出てきて困惑。まあ私には 1 期の 1 話目からオワコンだったけど。

2017-11-30

Bitnami Redmine with Virtual Machine

検証用 Redmine を立てる必要に迫られたので、その覚え書き。

ざっと調べた感じ、Bitnami + VM が楽そうに思われ。基本的には、下記ドキュメントに従う。

OVA Format をダウンロードし、VirutualBox にインポート。その際、MAC アドレスは再生成する。

VM を起動、SSH を有効化。

$ sudo mv /etc/ssh/sshd_not_to_be_run /etc/ssh/sshd_to_be_run
$ sudo systemctl enable ssh
$ sudo systemctl start ssh

ネットワークの初期設定は DHCP。Windows PC からコンピューター名でアクセスできるように Samba (nmbd)と、何故か入ってない logrotate をインストール。(なのに screen は入っていて、Bitnami の中の人は screen 使い説)

$ sudo apt-get --no-install-recommends install samba logrotate
$ sudo ufw allow CIFS

/etc/samba/smb.conf を編集し、共有設定(「Share Definitions」コメント行以降)を全て削除。

ホスト名を初期設定から変更し、VM を再起動。ただし /etc/hosts の方は、起動時に Bitnami が面倒を見てくれるらしく、変更は必須ではない模様。(詳しくは /opt/bitnami/scripts/init/hostname を参照)

$ sudo vi /etc/hostname
$ sudo vi /etc/hosts
$ sudo reboot

さらに初期設定では、勝手に情報を送信される。

だが断る。

$ diff -u /etc/crontab.orig /etc/crontab
--- /etc/crontab.orig	2017-11-30 15:40:17.561456286 +0000
+++ /etc/crontab	2017-11-30 18:54:22.589670547 +0000
@@ -13,4 +13,3 @@
 47 6	* * 7	root	test -x /usr/sbin/anacron || ( cd / && run-parts --report /etc/cron.weekly )
 52 6	1 * *	root    test -x /usr/sbin/anacron || ( cd / && run-parts --report /etc/cron.monthly )
 #
-40 * * * * bitnami cd /opt/bitnami/stats && ./agent.bin --run -D

しかしこれは初回起動時にも実行されるらしく、インターネット環境で初回起動したのなら、既にやつらに情報は筒抜け。ええ、私もまんまと抜かれましたとも。ksg

VM 設定は以上。確かに、かなり手軽に Redmine を立てられた印象。ただし実際には、ドキュメントを読み解いたり、内部の構成を把握したりで、それなりの時間は掛かっている。

一つ盲点だったのは、Redmine の初期データは(当然ながら)英語だということ。設定で UI は日本語になるが、Redmine に入力済みのデータ(ロール名、トラッカー名、ステータス名など)が英語なので、それらを日本語にする手間があった。

あとは個人的な我が侭。せっかくここまで作り込んでいるのなら、バックアップやリストア、アップデートに関しても、何らかのスクリプトが欲しかった。各方法は前述のドキュメントに記載されているとはいえ、本稼働させるならスクリプトを書かざるを得ない訳だし。バックアップは言わずもがな、月一でアップデートされる現状、手作業のアップデートは苦痛でしかない。

2017-11-06

Animes in the 3rd quarter of 2017

アニメは IT エンジニアの必須科目です。

設定には納得いかない部分があるが、そこに目をつむれば話の筋は通ってそう。しかし私には少し難し過ぎた模様。あとヒロインが重すぎる。せめてヒロインに萌えられれば復習する気も起きた。

シリーズ通して視聴してはいるが、正直嫌いな作品。今回は特に酷かった。内容もさることながら、後半の回顧録は手抜き過ぎ。せめて最終話くらいは本編に戻ってこい、と。

これって日本以外では放送できないのでは? 主に児童ポ○ノ的な意味で。話の方は特筆すべきことはなかったが、もうちょっとハーレム展開でも良かったように思う。

10 年ほど前に RELOAD を見たのが最後の記憶。ほとんど覚えていないが、話は続きっぽくてノリも相変わらずな印象。にしても何で今さら?と思ったら、どうやら 20 周年らしかった。

莉々奈が可愛すぎて辛い。一方の本命ヒロインはグッと来ないどころか悪女にすら思える。主人公の優柔不断にもイライラしっ放し。それでも莉々奈の存在により全てを許せる。

なかなか独特な雰囲気の作品。推理物にしては所々に無茶なネタを突っ込むと思ったら、ジャンル的にはホラーらしかった。あとは女性作家らしく、若干の BL 臭。むしろこれがメインか。

最初はつまらなくて、主人公が本性を現す最終話が一番面白いという割と珍しいパターン。その最終話で俄然この先に興味が出てきたので、ぜひ次期をやって欲しい。

前半は怒涛のヒフミン推し。これだけで 2 期を見た価値があった。反面、新キャラメインの後半はイマイチ。あと、キタエリの もずく の演技が秀逸すぎて、何度も繰り返し見ては笑っていた。

最初は勢いに負けて笑いっぱなし。しかし中盤以降はいろいろとウザさが勝ってくる。ところで本作の風紀委員長しかり、最近は上坂すみれのキャラが気になってしょうがない。

キャラが多いにも関わらず、どの組み合わせもいい味が出ていて、素直に感心する。少マガでは私が全く気付かなかったくらいの地味な存在だったが、アニメになって化けた感じ。

クイズというジャンルのテクニカルな部分が描かれていて、個人的には興味深く見られた。しかし全ての問題は「ヒロインの声」に集約される。どうして誰も止めなかったんだ。

少し前の本編の方は序盤リタイアだったが、今回は ufortable ということで視聴。流石に絵の方は文句のないクオリティ。きっと刀剣女子は大喜びだったに違いない。なお、一般男子には(略)。

序盤はわざとらしさが目立つが、中盤で色々と壊れてきて面白くなる。やはり告白シーンがピークか。何だかんだヒロインが可愛かったので、個人的には満足。但し、本作に「ゲーム」を期待してはいけない。

ここまでご都合チート主人公は見たことない。薄っぺらい正義感の主人公が、タナボタで何の努力もなしに全てを手に入れていくという、本当にひどい話。教育上、子供には見せたくない作品。

OP に出てくるカップルの殆どは飾りで、実質は 2 組しかない。絵のチャラさから女子向けっぽいが、男子としてはヒロインが気に入るかが全て。ずっと謎だったタイトルは、最後に解明する。

何度か見た漫画とは絵風が違って違和感を感じる。アニメ版の方が綺麗だとは思うが、赤竜は漫画版の方がエロかったはず(うろ覚え)。次期をやるなら、もっとエロ味増しでお願いします。

かなりのインパクトがある作品で、見ておいて損はない。ただしギャンブルの方はイカサマ 100% のため、駆け引きを期待しても無駄。これはキャラを楽しむのが正しい。私は皇ちゃん一択。

2017-08-21

Animes in the 2nd quarter of 2017

アニメは IT エンジニアの必須科目です。

シリーズ通し視聴。ここ最近(肆~)の中では一番面白かった気がする。本シリーズの魅力は妖怪との心温まる、かつ物悲しい物語だと思っているので、そういう話がもっと増えて欲しい。

ヒロインが花守みゆりでなければ途中でギブアップしていた。そして結果から言うと、このキャラに花守みゆりはミスマッチだった。やはり彼女には萌えキャラが良く合う。

普段この手の短編は滅多に見ないが、原作中国製なれど日本人が見ても十分に面白い(アニメは日本製?)。そこに多分に貢献しているのが、雨宮天。ここ最近の彼女の演技には目を見張るものがある。

本編の方は、弱っちい主人公が成長していく過程が面白かったが、本作はただのキャラ作品になってしまった。強い剣鬼が更に強くなったところでだし、かといって剣鬼に萌えるのも私は無理だった。

ロクでなし(実は強い)という見飽きたテンプレだが、(サブ)ヒロインの魅力がそれを補っている。リボンを耳に見立てて「白ネコ」とか、あざと過ぎるけど、可愛かった。ということで今回は「藤田茜」を覚えた。

タイトルで掴みは OK? 結果、タイトル負けじゃないかな。結局、最後は救われてなさそうな感じだったし。ただ、個人的には主人公の声が好きで、今回は「新井良平」を覚えた。

OP・ED の出来も含め、ほぼ文句なし。SD キャラが可愛い過ぎて辛たん。MAO の演技力はいまさら驚かないが、今回はまりんかを褒めたい。私が知る中では一番の演技だったと思う。

この、キャラの勢いに押し切られて笑ってしまう感じが好き。ただ、後半になってこの勢いが失われる。だいたい、ピンク髪のせい。あのキャラも悪堕ち要素も要らなかった。

相変わらず、ことごとく予想を裏切ってくれる展開。このシナリオは本当に凄いと思う。次回も原作読まずに待ってます。

正直、話は普通。ただ、リューズが思ったより可愛かった。それだけの理由で見ていた。主人公を貶めてデレる、これはひょっとして新しいツンデレの形なのでは。

各ヒロインが個性的で、誰かを気に入れば楽しめるはず。しかし話の展開上、最初のヒロインを好きになれるかが全てだと思う。ちな、私は余裕だったv。逆に女帝は無理ぽ。

相変わらず安定のクオリティ。あえて言うこともないが、あの二人を切り離してしまって今後の展開をどうするつもりなのか、非常に気になる。もちろん次回に続く・・・よね?

2017-05-28

Tomcat 8.5: Timestamp format in logs

8 年ぶりに最新の Tomcat を追いかけたら、ログのタイムスタンプが ks になっていた。

logs/catalina.2017-05-28.log:

28-May-2017 16:06:38.023 情報 [main] org.apache.catalina.startup.VersionLoggerListener.log Server version:        Apache Tomcat/8.5.15
28-May-2017 16:06:38.023 情報 [main] org.apache.catalina.startup.VersionLoggerListener.log Server built:          May 5 2017 11:03:04 UTC
28-May-2017 16:06:38.024 情報 [main] org.apache.catalina.startup.VersionLoggerListener.log Server number:         8.5.15.0
28-May-2017 16:06:38.024 情報 [main] org.apache.catalina.startup.VersionLoggerListener.log OS Name:               Linux
28-May-2017 16:06:38.024 情報 [main] org.apache.catalina.startup.VersionLoggerListener.log OS Version:            2.6.32-573.el6.i686
28-May-2017 16:06:38.024 情報 [main] org.apache.catalina.startup.VersionLoggerListener.log Architecture:          i386

Tomcat 6 では、フォーマットはロケールによって変わり、ja_JP.UTF-8 だと 2017/05/28 というフォーマットになっていた。Tomcat 8.5 では、ロケールを何処に切り替えても変化しない。

Tomcat 8.5.5 から、Properties でカスタマイズできるようになった模様。ていうか、それまで日付が dd-MMM-yyyy に決め打ち、って流石に乱暴すぎやしないか。そして修正後、これだとタイムスタンプを出したくない場合に対応できてないんだけど。ほんともう、分かってないなあ。

まあともかく、今回は logging.properties に設定を入れれば解決する。

conf/logging.properties:

org.apache.juli.OneLineFormatter.timeFormat = yyyy-MM-dd HH:mm:ss

logs/catalina.2017-05-28.log:

2017-05-28 16:09:42.349 情報 [main] org.apache.catalina.startup.VersionLoggerListener.log Server version:        Apache Tomcat/8.5.15
2017-05-28 16:09:42.355 情報 [main] org.apache.catalina.startup.VersionLoggerListener.log Server built:          May 5 2017 11:03:04 UTC
2017-05-28 16:09:42.355 情報 [main] org.apache.catalina.startup.VersionLoggerListener.log Server number:         8.5.15.0
2017-05-28 16:09:42.355 情報 [main] org.apache.catalina.startup.VersionLoggerListener.log OS Name:               Linux
2017-05-28 16:09:42.355 情報 [main] org.apache.catalina.startup.VersionLoggerListener.log OS Version:            2.6.32-573.el6.i686
2017-05-28 16:09:42.356 情報 [main] org.apache.catalina.startup.VersionLoggerListener.log Architecture:          i386
2017-05-28 16:09:42.356 情報 [main] org.apache.catalina.startup.VersionLoggerLis
<...snip...>
2017-05-28 16:09:42.642 情報 [main] org.apache.catalina.core.StandardService.startInternal サービス [Catalina] を起動します

タイムスタンプはこれで良いとして、もう 1 つ解決したいことがある。上記では、Tomcat が出すメッセージは日本語になっているが、トラブルシュート時に不便なので、これは英語にしておきたい。最も簡単には、LANG=en_US.UTF-8 などとすれば良い。しかし、これはかなり影響が大きいのでお勧めしない。

例えば locale コマンドを叩いてみると、

# LANG=en_US.UTF-8 locale
LANG=en_US.UTF-8
LC_CTYPE="en_US.UTF-8"
LC_NUMERIC="en_US.UTF-8"
LC_TIME="en_US.UTF-8"
LC_COLLATE="en_US.UTF-8"
LC_MONETARY="en_US.UTF-8"
LC_MESSAGES="en_US.UTF-8"
LC_PAPER="en_US.UTF-8"
LC_NAME="en_US.UTF-8"
LC_ADDRESS="en_US.UTF-8"
LC_TELEPHONE="en_US.UTF-8"
LC_MEASUREMENT="en_US.UTF-8"
LC_IDENTIFICATION="en_US.UTF-8"
LC_ALL=

ご覧のように、ロケールが関与するものは結構ある。日本人的には、LC_TIME (日時フォーマット)や LC_COLLATE (文字列ソート順)あたりでトラブるのがロケールあるある話。開発者の環境が ja_JP で、プロダクト環境が en_US だったりすると、リリース後に面倒が起こったりする。

よって基本ロケールは日本語にし、メッセージだけ英語にするのが無難。

export LANG=ja_JP.UTF-8
export LC_MESSAGES=en_US.UTF-8

logs/catalina.2017-05-28.log:

2017-05-28 16:11:40.304 INFO [main] org.apache.catalina.startup.VersionLoggerListener.log Server version:        Apache Tomcat/8.5.15
2017-05-28 16:11:40.308 INFO [main] org.apache.catalina.startup.VersionLoggerListener.log Server built:          May 5 2017 11:03:04 UTC
2017-05-28 16:11:40.308 INFO [main] org.apache.catalina.startup.VersionLoggerListener.log Server number:         8.5.15.0
2017-05-28 16:11:40.308 INFO [main] org.apache.catalina.startup.VersionLoggerListener.log OS Name:               Linux
2017-05-28 16:11:40.309 INFO [main] org.apache.catalina.startup.VersionLoggerListener.log OS Version:            2.6.32-573.el6.i686
2017-05-28 16:11:40.309 INFO [main] org.apache.catalina.startup.VersionLoggerListener.log Architecture:          i386
<...snip...>
2017-05-28 16:11:40.527 INFO [main] org.apache.catalina.core.StandardService.startInternal Starting service [Catalina]

個人的には、C.UTF-8 の方が好み。しかし RHEL 系は RHEL7 でさえも C.UTF-8 が入ってないので、en_US で我慢しておく。

2017-05-13

Excel: Open TBX file

よくドキュメントを書く人にとって、「カタカナ表記をどうするか?」というのは常に悩ましい問題。つまり、「サーバ」or「サーバー」?、「インタフェース」or「インターフェイス」?とかいうやつ。私は、以前は JTCA とかいう所の「外来語(カタカナ)表記ガイドライン」に従っていた。

しかしこれ、実際に使ってみると色々と美味くない。まず、

  • IT 用語の例が少ない。

一応、用語集は付いているものの、一般用語が大半を占めるため、IT 業界に居てこれで事足りることは絶対にない。更に、

  • Microsoft 用語と相違がある。

例えば、ガイドラインはで「レジストリー」、Windows はで「レジストリ」。画面キャプチャして手順書を作ったりすると、この不一致が気持ち悪くて仕方ない。Windows ユーザーが最も多いことは周知の事実なのだから、合わせるならむしろ Windows に合わせるべきだろう。

ということで、今では全て Microsoft 用語を使うようにしている。

ここでは用語検索もできるし、IT 用語は全てが網羅されていると言って過言ではない。ここで検索できない用語を使うということは、何か間違っている可能性すらある。

さて、上記の用語検索は便利だが、お世辞にも使い易いとは言えない。それどころかエラーになったり、サイトにアクセスできないこともある。なので、用語集をローカルにダウンロードして参照したい、というのは当然の流れ。実際、ダウンロードは簡単にできる。しかしその拡張子は .tbx とかなってる。

一体これをどうしろと・・・? :-o

tbx でググってみても、要領を得ないサイトばかり。危うく得体の知れないソフトウェアをインストールさせられそうになったりする。そうじゃなくて、もっとこう、何かスマートな方法ないの?

just add ".xml" to your file, open in Excel ...

なになに? 「拡張子を .xml にして Excel に食わせろ」と。ふむ、何かダイアログが出てきたけど適当に OK して・・・、お、何か Excel くんがすごい頑張ってるっぽい。(タスクマネージャーを見ながら待つこと数分)

Excel 先輩まじイケメン。 X-D

あとは不要な列を消して .xlsx 形式で保存すれば、サイズもぐっとコンパクトになる。いやー、久しぶりに Excel 先輩の本気を見た。