2017-11-30

Bitnami Redmine with Virtual Machine

検証用 Redmine を立てる必要に迫られたので、その覚え書き。

ざっと調べた感じ、Bitnami + VM が楽そうに思われ。基本的には、下記ドキュメントに従う。

OVA Format をダウンロードし、VirutualBox にインポート。その際、MAC アドレスは再生成する。

VM を起動、SSH を有効化。

$ sudo mv /etc/ssh/sshd_not_to_be_run /etc/ssh/sshd_to_be_run
$ sudo systemctl enable ssh
$ sudo systemctl start ssh

ネットワークの初期設定は DHCP。Windows PC からコンピューター名でアクセスできるように Samba (nmbd)と、何故か入ってない logrotate をインストール。(なのに screen は入っていて、Bitnami の中の人は screen 使い説)

$ sudo apt-get --no-install-recommends install samba logrotate
$ sudo ufw allow CIFS

/etc/samba/smb.conf を編集し、共有設定(「Share Definitions」コメント行以降)を全て削除。

ホスト名を初期設定から変更し、VM を再起動。ただし /etc/hosts の方は、起動時に Bitnami が面倒を見てくれるらしく、変更は必須ではない模様。(詳しくは /opt/bitnami/scripts/init/hostname を参照)

$ sudo vi /etc/hostname
$ sudo vi /etc/hosts
$ sudo reboot

さらに初期設定では、勝手に情報を送信される。

だが断る。

$ diff -u /etc/crontab.orig /etc/crontab
--- /etc/crontab.orig	2017-11-30 15:40:17.561456286 +0000
+++ /etc/crontab	2017-11-30 18:54:22.589670547 +0000
@@ -13,4 +13,3 @@
 47 6	* * 7	root	test -x /usr/sbin/anacron || ( cd / && run-parts --report /etc/cron.weekly )
 52 6	1 * *	root    test -x /usr/sbin/anacron || ( cd / && run-parts --report /etc/cron.monthly )
 #
-40 * * * * bitnami cd /opt/bitnami/stats && ./agent.bin --run -D

しかしこれは初回起動時にも実行されるらしく、インターネット環境で初回起動したのなら、既にやつらに情報は筒抜け。ええ、私もまんまと抜かれましたとも。ksg

VM 設定は以上。確かに、かなり手軽に Redmine を立てられた印象。ただし実際には、ドキュメントを読み解いたり、内部の構成を把握したりで、それなりの時間は掛かっている。

一つ盲点だったのは、Redmine の初期データは(当然ながら)英語だということ。設定で UI は日本語になるが、Redmine に入力済みのデータ(ロール名、トラッカー名、ステータス名など)が英語なので、それらを日本語にする手間があった。

あとは個人的な我が侭。せっかくここまで作り込んでいるのなら、バックアップやリストア、アップデートに関しても、何らかのスクリプトが欲しかった。各方法は前述のドキュメントに記載されているとはいえ、本稼働させるならスクリプトを書かざるを得ない訳だし。バックアップは言わずもがな、月一でアップデートされる現状、手作業のアップデートは苦痛でしかない。

2017-11-06

Animes in the 3rd quarter of 2017

アニメは IT エンジニアの必須科目です。

設定には納得いかない部分があるが、そこに目をつむれば話の筋は通ってそう。しかし私には少し難し過ぎた模様。あとヒロインが重すぎる。せめてヒロインに萌えられれば復習する気も起きた。

シリーズ通して視聴してはいるが、正直嫌いな作品。今回は特に酷かった。内容もさることながら、後半の回顧録は手抜き過ぎ。せめて最終話くらいは本編に戻ってこい、と。

これって日本以外では放送できないのでは? 主に児童ポ○ノ的な意味で。話の方は特筆すべきことはなかったが、もうちょっとハーレム展開でも良かったように思う。

10 年ほど前に RELOAD を見たのが最後の記憶。ほとんど覚えていないが、話は続きっぽくてノリも相変わらずな印象。にしても何で今さら?と思ったら、どうやら 20 周年らしかった。

莉々奈が可愛すぎて辛い。一方の本命ヒロインはグッと来ないどころか悪女にすら思える。主人公の優柔不断にもイライラしっ放し。それでも莉々奈の存在により全てを許せる。

なかなか独特な雰囲気の作品。推理物にしては所々に無茶なネタを突っ込むと思ったら、ジャンル的にはホラーらしかった。あとは女性作家らしく、若干の BL 臭。むしろこれがメインか。

最初はつまらなくて、主人公が本性を現す最終話が一番面白いという割と珍しいパターン。その最終話で俄然この先に興味が出てきたので、ぜひ次期をやって欲しい。

前半は怒涛のヒフミン推し。これだけで 2 期を見た価値があった。反面、新キャラメインの後半はイマイチ。あと、キタエリの もずく の演技が秀逸すぎて、何度も繰り返し見ては笑っていた。

最初は勢いに負けて笑いっぱなし。しかし中盤以降はいろいろとウザさが勝ってくる。ところで本作の風紀委員長しかり、最近は上坂すみれのキャラが気になってしょうがない。

キャラが多いにも関わらず、どの組み合わせもいい味が出ていて、素直に感心する。少マガでは私が全く気付かなかったくらいの地味な存在だったが、アニメになって化けた感じ。

クイズというジャンルのテクニカルな部分が描かれていて、個人的には興味深く見られた。しかし全ての問題は「ヒロインの声」に集約される。どうして誰も止めなかったんだ。

少し前の本編の方は序盤リタイアだったが、今回は ufortable ということで視聴。流石に絵の方は文句のないクオリティ。きっと刀剣女子は大喜びだったに違いない。なお、一般男子には(略)。

序盤はわざとらしさが目立つが、中盤で色々と壊れてきて面白くなる。やはり告白シーンがピークか。何だかんだヒロインが可愛かったので、個人的には満足。但し、本作に「ゲーム」を期待してはいけない。

ここまでご都合チート主人公は見たことない。薄っぺらい正義感の主人公が、タナボタで何の努力もなしに全てを手に入れていくという、本当にひどい話。教育上、子供には見せたくない作品。

OP に出てくるカップルの殆どは飾りで、実質は 2 組しかない。絵のチャラさから女子向けっぽいが、男子としてはヒロインが気に入るかが全て。ずっと謎だったタイトルは、最後に解明する。

何度か見た漫画とは絵風が違って違和感を感じる。アニメ版の方が綺麗だとは思うが、赤竜は漫画版の方がエロかったはず(うろ覚え)。次期をやるなら、もっとエロ味増しでお願いします。

かなりのインパクトがある作品で、見ておいて損はない。ただしギャンブルの方はイカサマ 100% のため、駆け引きを期待しても無駄。これはキャラを楽しむのが正しい。私は皇ちゃん一択。